2021年10月の活動報告

10月6日(水)
「平和祈念展示資料館」(新宿住友ビル)に六丁目厚生会の「環境くらぶ」の皆さんと管外学習会に出かけました。
戦後約10年もの間、57万もの人が強制抑留されていた歴史がありました。
写真は、収容所、防寒外套、食事分配の様子、海外からの引上げ船の中の様子、おむつで作った子ども服等。
新宿住友ビルは2020年の7月に改修工事が終わり、にぎわい創出と災害時の避難所機能を兼ね備えた場所となってます。
昼食は都庁の食堂にて。アクリル板には「東京の木 多摩産材」が使用されていました。
10月9日(土)
午前:「国分寺市すべての人を大切にするまち宣言(案)」市民説明会 市役所の書庫棟にて
午後:本多公民館まつりに行ってきました。
10月13日(水)
宮益坂の街路樹の下に、オレンジキャンペーン(認知症の理解、啓発活動)として、オレンジの花々がありました。
10月16日(土)・17日(日)
全国リカバリーフォーラム。両日ともオンラインにて視聴していました。
10月17日(日)
市内のイベントに参加してきました。
コロナ対策の為、チケットの裏には名前、連絡先の記入。検温や手指消毒を徹底の上での開催です。
まずは第58回市民音楽祭をいずみホールで鑑賞。
3年ぶりのコンサート鑑賞でした。皆さまブランクを感じさせないパフォーマンスでした。
リオンホールにて、市民文化祭 華道展。
親子華道教室の参加者の作品等多くの作品が展示されていていました。しばし華やかな空間を楽しみました。
けやき体育館で行われた車椅子バスケットボール体験会を見学しました。
パラリンピックバスケットボール女子代表の小田島選手が指導していました。参加者はすぐに定員いっぱいになったそうです。