2022年5月の活動報告

5月3日(火)
13:30〜 日本大学 神田三崎町キャンパス 法学部本館3階大講堂にて
全国憲法研究会「憲法記念講演会」に行ってきました。
「女性の政治参画を進める:なぜクオータが必要か」上智大学教授 三浦まりさん
「憲法をいかす。憲法でいきる。」慶應義塾大学教授 鈴木秀美さん

研究会の代表である慶應義塾大学教授 駒村圭吾さんより、
「今は、憲法にとっての危機である。研究者にとっては当然のことだが、2015年以降「立憲主義」についてメデイアで取り上げられるようになった。憲法の危機の恒常化でもあり沈静化してきたように見えたが、ウクライナ危機が契機となっている。」などのお話が冒頭にありました。

パネリストお二人からは、
●三浦まりさんから、諸外国に比べて日本は政治分野に女性があまりにも低い現実。意思決定の場に女性が少ないといったことから、クオータ(割り当て)からパリテ(男女同数の政治参画を規定しているフランスの法律)への転換として日本におけるいわゆる「候補者均等法」が2018年に成立。2021年に改正があり、議会におけるハラスメント防止などが位置づけられる改正があった。多様性に欠ける意思決定の問題として、日本の民主主義としての問題、性差別、家父長制の問題等国として抱えている課題、諸外国のクオータ制度等についてのお話でした。三浦さんは議会におけるいじめ問題の調査もされています。

その中で、「トークニズム」についてのお話もありましたが、聞きなれない言葉でしたので調でべてみると、多様性が求められている今、形式的に応えようとして申し訳程度の体裁を繕うえることのようです。それにより、「反旗を翻さない、わきまえる人」が実質的な女性の代表者になりやすいことが一例として挙げられました。なるほどと思いました。

●放送法、メデイア法が専門でもあり日本とドイツの比較研究をしている鈴木秀美さんから、ドイツでは司法が憲法を生かす努力をしている。また、憲法裁判所は透明性の確保されていて市民に近い存在。建物そのものもシンプルで、ガラス張りのフロアもある。16人の裁判官が可否同数の場合はいつまでも議決できない。日本は政治に引きずられているのではないか。日本の裁判所も変革が求められているとの指摘がありました。

私自身、この集会には初めて参加しましたが、女性が登壇者としての講演会は初めてとのことにも驚きました。

5月6日(金)
国分寺丸井の店舗の入り口にありました。国分寺市の施策に理解を示しているそうでとても協力的だと思います。
5月7日(土)
『レインボーマリッジフイルムフェステイバル』なかのZERO小ホールにて
主催:レインボーマリッジフイルムフェステイバル 実行委員会
このフェステイバルでは、「婚姻の平等」って何だろう?誰もが性別関係なく、結婚するかしないかを自由に選べる社会 を社会に投げかけています。
6日、7日の二日間開催され、7日に参加しました。
招待作品のアメリカ映画、監督は自身が精子提供を受けて子どもを出産しているリサ・チョロデンコの「キッズ・オールライト」を観ました。
子どもの出自については子どもの権利の視点でもとても重要で深いテーマだと思います。

コンペテション部門では、「同性婚(婚姻の平等)」をテーマに全国からの応募作品から入選した5作品を観ました。
それぞれが個性的で、短編ながら同性婚について考えさせられるエキスが詰まっている作品ばかりでした。

グランプリはこの中で唯一のドキュメンタリー作品、「私たちの家族」。
みどりさんとエリンさん(元男性?)は結婚して20年。3人の子どもがいるのですが、エリンはアメリカで性別変更を申請し、日本で性別移行と結婚種類の変更を進めたのですが、日本では性別変更が事実上の同性婚の容認であるとして認められていません。
私自身このようなケースがあること初めて知りました。25分の短編でしたが、「婚姻、結婚」について改めて考えさせられました。

なかのZEROホール内にあるトイレの案内「オールジェンダートイレの表示を初めて見ました。
5月13日(金)
けやき公園の中にある掲示版にあるポスト
「声を上げていいんだよ!」とのメッセージをこのような形で子どもたちに伝えています。
東恋ケ窪4丁目の自治会の掲示板 
東恋ケ窪4丁目地区「災害危険・資源地図」等 コンパクトで道行く人にも見えるオープン情報がありました。
東恋ケ窪3丁目 周辺 
国分寺市内のこんなに広い麦畑と「畑のいま」の掲示板。